当院ではLine@からご予約・お問合せが出来ます。

Line@では、予約空き状況の確認、予約が取れる、予約の変更、お得な情報、さまざまな特典が受けられますのでぜひ、ご利用ください。

WEBフォームから受付けする

いますぐお電話する

むちうちなら茨木阪急本通接骨院

茨木阪急本通接骨院

腰痛関連Q&A

  1. 腰痛関連でよくある質問と回答①

    明るい挨拶

    腰痛とはなんですか?
    腰痛とは病気、疾患の名前ではなく、腰部を中心とした痛みやハリといった症状の総称です。
    腰痛を訴えて整形外科を受診する人は多くいらっしゃいますがレントゲンやMRIで画像検査をしても、その原因を特定できる人はわずか15%しかいません。残りの85%の人は、なぜ、腰痛が起こっているのか特定できないのです。レントゲンには主に骨しか写りません。痛みの原因となる筋肉や軟骨、神経などの組織は見えにくく、骨に異常がなければ、腰痛の原因を判断することは難しくなります。一方で、MRIは筋肉や軟骨なども映し出すため、診断の参考にはなりますが、痛みのある場所を特定するまでには至りません。
    そのため放置せずに悪化する前に施術を行って行く事が極めて大切になってきます。

  2. 腰痛関連でよくある質問と回答②

    明るい挨拶

    どうして痛くなるのですか?
    痛みは筋肉や筋膜、靭帯、関節などの神経が分布されているところに、炎症が起きることが原因で生じます。
    腰には、骨盤も含め筋肉、靭帯などのさまざまな組織があり神経も多い部位ですから、どこかに炎症が起こると痛みが出やすいです。人間の体は腰痛が起きやすいつくりと動きをしています。私たちの体を支えている背骨は首から腰にかけて7個の頚椎・12個の胸椎・5個の腰椎・仙骨・尾骨がブロックのように重なって構成されています。一つひとつの骨を椎骨といい、椎骨と椎骨の間には椎間板という、背骨にかかる負荷をやわらげるクッションの役目を果たす軟骨があります。人間の背骨は、横から見ると、ゆるやかなS字カーブを描いています。
    日ごろ悪い姿勢を続けていると、正常なS字カーブが崩れてしまい、背骨の形が悪くなります。腰椎の反りがなくなり、頭が前に出てくると、腰椎に大きな負担がかかり、その結果、腰痛を引き起こすのです。
    特に、腰椎は体の曲げ伸ばしなどの大きな動作を担っている場所なので日常の不良姿勢でのストレスが溜まりそこに大きな外力がかかると一気に悪化させてしまう可能性があります。

  3. 腰痛関連でよくある質問と回答③

    明るい挨拶

    ぎっくり腰とは?
    ぎっくり腰の正式名称は急性腰痛症といいます。いきなり腰が痛くなる症状をさします。原因は様々で重たい荷物を持ち上げたとき、起床時勢いよく体を起こしたとき、急に体をひねったときなど、日常の何気ない動作があげられます。
    若い人や普段から体を動かしている人でもスポーツ時にぎっくり腰になることがあります。一方、いつもと変わらない動作なのに、なぜぎっくり腰が突然起こるのかというと、筋肉が緊張していたり疲労がたまったりしているからです。自分では意識していなくても筋肉疲労は毎日起こっており、睡眠や運動、栄養などで回復をしています。しかし、運動負荷や悪い姿勢の連続といった腰への負担が続くと、回復スピードが追いつかず筋肉が硬くなりある日突然キャパオーバーになるのです。痛みの発生直後は炎症期なので温めることはせず冷やす処置を行いましょう。

  4. 腰痛関連でよくある質問と回答④

    姿勢矯正

    急性腰痛をほっておくとどうなる?
    基本的には安静にしていれば治りますが、適切な対処をしないと慢性腰痛になることもあるため注意が必要です。
    主なきっかけは腰部の筋肉・筋膜の損傷です。いわゆる肉離れが生じている可能性が高いです。このときに無理をしたり、発症を繰り返したりすると、二次的に椎間板や椎間関節などの損傷を招き、さらに髄核が飛び出して神経を圧迫する、椎間板ヘルニアを引き起こしてしまうこともあります。
    当院では早く痛みをとってあげる為電気での施術や負担をかけている筋肉の張りなどを緩める為鍼での施術を行い早期回復を目指し、次に7日〜14日前後たったころから炎症がおさまってきますのでぎっくり腰の根本原因となる背骨や骨盤のゆがみを取り除いていきます。

  5. 腰痛関連でよくある質問と回答⑤

    明るい挨拶

    腰痛と姿勢は関係ありますか?
    腰痛の原因にはさまざまなものが考えられますが、日頃の姿勢や生活習慣が原因で筋疲労や体のゆがみも大きく関係しています。筋肉を古い輪ゴムに例えてお話しする事がありますが輪ゴムを引っ張り続けるとちぎれてしまいます。筋肉も同様に長時間同じ姿勢を続けると筋肉の繊維がちぎれて痛みを生じる場合があります。日常的についつい猫背になっている、座るときに足を組む、いつも片足に重心をかけて立っているといったクセにより生じるからだのゆがみも、痛みを生じさせる原因の一つです。また最近ではリモートワークによりデスクワークの方が増えきています。座っているときの腰への負担は意外と大きいものです。特にデスクワークでは猫背や前かがみの姿勢になりやすく、腰の筋肉や靭帯にかかるストレスがかかりやすいのでデスクワークの人は、自分のからだにあった椅子を選び、正しい姿勢を保つことが大切です。

▲ページの先頭へ戻る

茨木阪急本通接骨院のご案内

【住所】〒567-0817 大阪府茨木市別院町3−33 シャーメゾン別院102
【電話】TEL:072-657-7188

茨木阪急本通接骨院景観
受付時間 土・日・祝
9:00 ~ 13:00 9:00 ~ 13:30
16:00 ~ 20:30 16:00 ~ 18:00

年中無休で営業 ※年末年始を除きます

当院までの地図

阪急京都本線 茨木市駅 西口から徒歩2分

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

東中条町、戸伏町、大池など広く地域の方にお越しいただいております。

お気軽にお問い合わせください
  • 茨木市駅から 徒歩2分!

    072-657-7188

    電話予約できます!(受付時間内)

  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る

該当する方をタップして下さい

初診 or 再診を選択して電話をおかけ下さい。

初診の方

再診の方